UCPによる大学評価基準について

Unique College Projectでは、一般に普及する偏差値(入学難易度)という大学に対する評価基準から脱却し、優れた教育内容と教育環境及び設備が評価され、普及することを目的としています。
「学部ごとに独立したカリキュラムを有している」という日本の大学の特徴を踏まえ、当サイトは他国(主にアメリカ、ヨーロッパ)で普及している評価サイトの評価基準を参考に、日本の大学を学部ごとに評価するための評価基準を以下の7つに定めました。

UCPによる評価基準

評価項目内容参考元比重
教育カリキュラム、外部組織との連携、入学倍率、学校の教職員に関する学生および卒業生の調査など。大学公開情報、大学受験パスナビ など37.5%
費用学費、卒業生の収入、奨学金に関する学生調査などの統計情報。大学公開情報 など複数20.5%
教員教員が受賞した賞の数、学生と教員の比率、教員に関する学生の評価など。みんなのキャンパス、大学公開情報12.5%
設備キャンパス内設備(図書館、食堂、寮など)、キャンパス内の施設に関する学生調査など。みんなの大学情報、
大学公開情報
9.5%
国際性留学制度、留学生の受け入れ、その他。大学公開情報5.0%
学生生活多様性、 クラブ活動 、学生生活に関する学生調査などの統計。みんなの大学情報、
大学公開情報
5.0%
学生の口コミ/学生による評価各学校での学生と卒業生の総合的な経験に関して1~5の尺度で採点。みんなの大学情報10%

以上の7項目はNiche評価算出法を参考とし、A+~D-までの12段階で表示されます。
各評価項目の詳しい評価内容及び参照元こちら(『UCPによる大学評価基準ー内容詳細』)よりご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました